上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--






2016年6月11日。
今日は故・巽大悟さんの葬儀の日です。


訃報を聞いて10日。
そろそろきちんと受け入れなければいけないのですが、
正直なところまだ呆然としています。


パートナーさんや交流の深かったご友人たちが多くを語らない中、
断片的な伝聞を書くことは控えます。

ただ、おそらくご本人さえ予期しなかった突然の死で、
苦痛を感じる間もなかったという話が、事実であることを願うばかりです。


最後に一緒に飲んだのは2年以上前でした。
20数年前にはじめて会った時と変わらない、ゴツい体にシャイな笑顔。
(体は少し、いえかなり大きくなっていましたが)
裏表のない実直な性格。他人への気遣いができる繊細さ。
彼の作品に登場する男たちがそのまま彼自身の姿でした。

もう会えない。
その事実を、今日からは受け入れなければ…。

まだやりきれない気持ちで一杯です。



巽大悟さんのご冥福をお祈り申し上げます。
そしてパートナー様、近しいご友人の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。





たっちー、ありがとう。






DSC_0297.jpg
巽さんの作品集『ただ今工事中!』
この本の出版を、彼はとてもとても喜んでいました。


DSC_0296.jpg
「キヒラさんごめーん、サインの宛名を本名で書いちゃった」と、
頭をかきながら渡してくれた顔が浮かんできます。




  

スポンサーサイト
2016_06_11

春近し。

category: 未分類  





長らく放置してしまったこのブログですが、

そろそろ本格稼働する時が近づいたようです。

あらためまして今後ともよろしくお願いします。



詳しくは近日中にご報告させていただきます。




城平 海




    
2016_02_11



前回からの「お題」は

「文字ヌキと画像・映像ヌキの違いはどこにあるのか」

ということでした。



結論から言ってしまえば

「文章は好きなように変換できる」

ということです。



実在するモデルが「あんなこと」や「こんなこと」をしている画像や映像。

それはスゴく興奮しますよね。

モ デ ル が 自 分 の 好 み な ら ば 。



逆に言うなら

タイプ外のモデルが何をしようが心もアソコもピクリともしません。

見るだけ時間の無駄。




その点、文章は自由です。



たとえば

「ガッシリした体に男臭い面構え」

という表現があった場合。




太め好きな方ならポッチャリ力士体型に

スリム好きならスジ筋体型に

頭が自動変換してくれます。


顔についても同じことで

読む方が「男臭い」と思う有名人・知人・アニメキャラ(?)を自動選択。


ということで出来上がった「完璧に好みな男」が、

とても映像化できない濃厚なエッチを繰り広げる。

これが「文字ヌキ」の醍醐味です。





そのために私は書き手として、心がけていることがあります。
(あくまでも私の場合です)

1.必要がない限り登場人物の身長体重は明記しない。

2.顔についての細かい描写をしない。

この2点は守るようにしています。



まあ、そんな努力も挿絵を描いてくださるイラストレーターの先生次第。
「百聞は一見にしかず」ですから。
こちらの「曖昧さ」を読み取って描いて下さる先生もいれば、
内容にまるで関係なく自分好みのキャラを描く先生もいます。
いえ、どの先生にも感謝申し上げておりますよ。
「この先生だけは勘弁して~!」と編集部に泣きついたのは過去に1回だけ(笑)。






その「文字ヌキ」ですが、好きな方は大好きですがダメな方はまるでNG。

文章はどれだけ読んでも文章でしかなく、

そこから映像を想像するなんて無理なのだそうで。



素人考えですが、これはおそらく読解力やら想像力の問題ではなく、

いわゆる「脳の構造・働き」に起因するのではないかと。

右脳・左脳の違いとも関係ありそうです。

なので能力の優劣とは関係なく、無理な方には無理、なのだと思います。




さて、長くなったので続きは次回に。





内容とは関係ありませんが、コラブロの動画をどうぞ。



2015_05_15












ブログ近日更新しますm(_ _)m














2013_10_31






お久しぶりの更新です。



梅雨ど真ん中ですね。

空梅雨と言われたの初めのうちだけ。

毎日うっとうしい天気が続いてますが、皆様体調など崩していませんか?



夏至も過ぎ、あとひと月足らずで梅雨明けです。

3か月予報では全国的に酷暑の夏になるそうで。

城平は早くもげんなりしております。




さて、先日発売された雑誌「ジーメン」8月号。

急逝されたビデオ男優・真崎 航さんの追悼特集が組まれています。




ジーメンと真崎航さんとは意外な組み合わせと感じる方も多いと思います。

実は真崎さん、

雑誌「SUPER SM-Z」と「ジーメン」でサングラスのタチ役「虎牙」(タイガ)として活躍なさっていたのです。

誌面では真崎さんの知られざる一面も紹介されています。




そんな追悼特集で、拙いながら真崎さんへの追悼文を書かせていただきました。



クラブイベントへの出演も多かった真崎さん。

リアルでの交友範囲はとても広かったようですが、

私は一面識もなく、Twitterのつぶやきと出演作品のみを通じて彼を見ておりました。

そんな純粋なファンの立場で追悼の一文を書かせていただけたこと、

本当に有り難く思っております。




おそらく誰も想像しなかった彼の早世。

でも生きているかぎり、誰もが病気や死と隣り合わせにいる。

そのことをあらためて思い知りました。




あらためまして、真崎 航さんに心より追悼の意を表します。


IMG_20130627_090942.jpg



G-men (ジーメン) 2013年 08月号 [雑誌]G-men (ジーメン) 2013年 08月号 [雑誌]
(2013/06/21)
不明

商品詳細を見る





  
2013_06_27


09  « 2017_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

きひら

Author:きひら
城平 海(きひら・かい)です。

ゲイ向けエロティック小説の他、「ゲイがいる日常」をテーマにした非エロ小説も書いています。
140字では書き足りないあれやこれやを、こちらに書きつけていこうと思います。
どうぞよろしゅうに。

雑誌「G-men」休刊に伴い、現在Kindleへの移行作業中です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。