上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


6月の末、梅雨が明けたかのような猛暑の日。
遠い町から訃報が届きました。


009の記事で書いたとおり、
『青いモノクローム』の登場人物には実在のモデルがいます。
複数のモデルを合わせて、1人の登場人物になっています。


その中でも、おそらく一番強烈なキャラクターの「あの人」。
(お読みになった方は想像がつくと思いますが)
訃報は、そのモデルだった方のものでした。


モデルといってもその方の場合は少し特殊で、
雑誌連載時まで私はその方の存在を知りませんでした。
「いくらなんでもこんな人はいないよな」と、
小説ゆえの好き勝手な設定で書き上げておりました。


その後、とあるきっかけで知り合った人の身の上話。
そこで語られたある人の性格、行動、発言、そしておそらく容姿まで、
私が書いた「あの人」のまま。いえ、それ以上に強烈な生き方をしている方でした。
その存在に力を得て、単行本では自信を持ってその人物を描写しました。


年齢的に考えても、いつ沙汰が来ても不思議はなかったのに、
やはり実際にこの日が来ると気持ちがざわざわしてしまいます。
数日経った今でも心は波立ったまま。


でもきっと今ごろ、その人は微笑んでいるはず。
疲れ切った肉体から解き放たれ、ようやく自由を取り戻して。
本来愛すべき人を愛して、愛されているはずです。


どうか今までの分まで安らかにと、祈らずにはいられません。






  
スポンサーサイト
2011_07_02


06  « 2011_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

きひら

Author:きひら
城平 海(きひら・かい)です。

ゲイ向けエロティック小説の他、「ゲイがいる日常」をテーマにした非エロ小説も書いています。
140字では書き足りないあれやこれやを、こちらに書きつけていこうと思います。
どうぞよろしゅうに。

雑誌「G-men」休刊に伴い、現在Kindleへの移行作業中です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。