上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--






あーあ、また更新が1か月以上空いてしまいました。

これは筆無精ならぬブログ無精というのでしょうか。

ツイッターに時間を取られすぎですね。

反省反省。。。





ゴールデンウイーク、皆さんは楽しく過ごしましたか?




後半4連休の最終日のこと。

ちょいと新宿まで買い物に出かけたのですが、

なんという偶然!

人混みの中で越後屋辰之進先生にバッタリ遭遇。

お互いビックリでした。




『最後の恋人』の挿絵を描いてくださっていますが、

あくまで原稿は編集部を通じたやりとりのみ。

直接の打合せはまったくナシですから、お会いしたのは数年ぶり。

相変わらずダンディさと男の可愛さが同居する、ズルイほど素敵な越後屋センセ。



お互い用件があったので軽い立ち話で別れてしまいましたが、

かなり心残りな城平でした。






以前にも書きましたが、エロ小説の命は挿絵だと私は思ってます。

その中でも越後屋先生は、単にイメージ以上の影響を与えてくださいます。

私と組むのはほとんどが連載物なのですが、

絵が素晴らしくてストーリーが変わってしまう(いい方向へ)のです。




代表的な例をあげます。


G-men誌初期の作品で『千里浜の風』という3話連続モノがありました。

第1話掲載号が発売された時には第3話の仕上げの段階だったのですが、

私のイメージどおり、いえ、さらに魅力的にした登場人物の姿に衝撃を受けました。

感激から新しい発想が生まれ、私は物語のエンディングを書き換えました。





それと同じことが、現在連載中の『最後の恋人』でも起きつつあります。




こちらは原則隔月連載。

第1話掲載号が出た時はまだ第2話に手をつけたばかり。

(いくらなんでも遅すぎですね 汗)

里中の顔と体に見惚れてしまって、しばし筆が進みませんでした。



間もなく第2話掲載号が発売になります。

そして現在第3話執筆中。

どんな挿絵なのだろうかと、楽しみすぎて仕事が手につきません。

2話の挿絵を見ないうちは本気でとりかかれません。





一応のプロットは最終話まで出来上がっているのですが、予定は未定。

今後どう展開するのか、それは神の味噌汁・・・じゃなかった、

神のみぞ知る、です。

何の神かって? もちろんエロの神様です。





表紙は個人的に超可愛いと思っているGOGO BOYのGONさんです。

よろしければ、読んでみてください。


G-men (ジーメン) 2013年 07月号 [雑誌]G-men (ジーメン) 2013年 07月号 [雑誌]
(2013/05/21)
不明

商品詳細を見る



(GONさんが可愛いので一番大きいサイズの画像にしましたw)







スポンサーサイト
2013_05_15


04  « 2013_05 »  06

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

きひら

Author:きひら
城平 海(きひら・かい)です。

ゲイ向けエロティック小説の他、「ゲイがいる日常」をテーマにした非エロ小説も書いています。
140字では書き足りないあれやこれやを、こちらに書きつけていこうと思います。
どうぞよろしゅうに。

雑誌「G-men」休刊に伴い、現在Kindleへの移行作業中です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。