上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


赤坂で産声を上げた「G-men」。

創刊から2年ほど経った頃、編集部は新宿区荒木町に移転しました。

順調に読者を獲得し、赤坂のオフィスでは手狭になったからです。

移転先はこちらのビル。

arakicho01.jpg

当時まだ築後1、2年の真新しいビルで、編集部はここの2階。

間口は広くありませんが奥行きがあり、事務所面積は倍増しました。

(1階は『am/pm』からファミマに看板が変わっただけで、「編集部の冷蔵庫」と言われていた頃のままです)

打ち合わせやら何やらで、ここにはいつも作家さんたちが出入りしていました。




余談ですが、

荒木町にはゲイ雑誌の歴史を語る上で忘れてならない会社があります。

それは『さぶ』誌をを発行していた「サン出版(現「マガジン・マガジン」社)」。

今も立派な自社ビルをお持ちです。

同じ「津の守坂通り」に面して、直線距離は100mくらい。

G-men隆盛の陰で「さぶ」は静かに廃刊となりました。




思えば編集部がこのビルにあった頃が「G-men」の全盛期でした。

「ジーメン系」「スーパーガッチリ」などの言葉がゲイ界隈に浸透し、

ヒゲ&短髪の野郎系というジャンルが完全に確立されたのもこの頃です。



新宿二丁目全体を会場にして『G-men祭』というイベントも開催されました。

夏のレインボーパレードに「G-menブース」や「G-menフロート」も出ましたね…(遠い目)。



この頃のG-menに関連して、

作家の立場から忘れられない場所がもう一つあります。

それがこちら。

arakicho04.jpg

新宿通りに面したこのビルの4階に貸し会議室があり、

毎年年末にG-men関係者の「忘年会」が開かれました(新年会だった年も)。



雑誌の世界では「編集者を中心に作家と1対1」という関係が基本です。

ですがこの忘年会では他の作家さんたちと直に会って話をし、連絡先を交換し合い、交流が始まるきっかけになりました。


忘年会には作家・ライターと編集者だけでなく、グラビアモデル、印刷会社、ショップ関係など、

G-menに関わるあらゆる方たちとそのパートナーや友人が参加していました。

立食形式の会場は毎回満員電車状態。



私は誌面で憧れていたモデルさんにセクハラしたり と写真を撮ったり、

某イケメン作家さんをお持ち帰りしようとして失敗したり。

・・・懐かしくも恥ずかしい記憶ばかりです(汗)。







そして時は流れ、

「紙媒体離れ」の大きな波にG-men誌も呑み込まれます。

編集部員も作家も大きな環境の変化に直面しました。

発行会社が変わり、編集部も移転しました。


移転先のビルはこちらです。

kojimachi.jpg

あ、あれっ? な…ない!

麹町第二ビルが消えてる!

1階にジョナサンが入った、あのビルが跡形もなく。

どうやら一帯が再開発されることになり、一足先に取り壊されたようです。




その後編集部はサブカルの聖地・中野に移転し、

そこで「休刊宣言」を出すに至りました。

そして来月には心機一転、

超高層ビルが林立する西新宿に事務所を移して再始動とのことです。



新しい場所でどんな動きが始まるのか、

期待をしながらその時を待っております。











スポンサーサイト
2016_03_23


雑誌「G-men」の休刊発表から1か月。


休刊への予想以上の反響には正直驚きました。
スルーされると思いきや、ネットニュースやSNSで大きな話題に。

「ゲイ雑誌」という媒体のあり方が論じられていましたね。



さて、そんなほどぼりも冷めてきた今日この頃。
ちょっと赤坂まで行ってきました。



意外に思われる方も多いでしょうが、
雑誌「G-men」創刊時の編集部は東京・港区の赤坂にありました。
いわば「生誕の地」。

(生誕の経緯は→マーガレット氏が2chopoで書いて←いらっしゃるのでご一読を)



あの場所が今はどうなっているのかと、
10%のノスタルジーと90%の野次馬根性。
そんな気分になるのは、やはり春のせいでしょう。



地下鉄を降り、東宮御所を見ながらしばし歩き、
再開発で根こそぎ変わった街を、
それでも記憶を辿りながら歩き回ることしばし。


・・・あった!

001.jpg

一方通行の狭い道と人ひとりやっと通れる路地。
その角に建つこぢんまりした3階建てのビル。

このビルの1階にある一室で「G-men」は誕生したのです。



20年という時の経過を感じさせない佇まい。
ビルは古ぼけも、汚れもせずに建っていました。

この頃関わっていた皆さんには懐かしい画像ではないでしょうか。

002.jpg

路地を入った所にある玄関。
ゲイアートの大物も、私のような駆け出しの素人も、
新しい雑誌への情熱を抱いて出入りしました。



どんな雑誌にしていこうかと、
長谷川ピンクベア編集長を中心に毎日が作戦会議。
編集部というよりも「アジト」といった風情でした。

003.jpg


周りは再開発ですっかり変わってしまったのに、
このビルがある一帯だけはエアポケットのように以前のままの雰囲気。
もちろん、一つ一つの建物は建て替えられているのですが。

004.jpg


ここでお会いした作家さんや編集関係の方たちの顔を懐かしく思い出しながら、
次の目的地を目指しました。



(後編は近日中にアップします)






2016_03_14


02  « 2016_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

きひら

Author:きひら
城平 海(きひら・かい)です。

ゲイ向けエロティック小説の他、「ゲイがいる日常」をテーマにした非エロ小説も書いています。
140字では書き足りないあれやこれやを、こちらに書きつけていこうと思います。
どうぞよろしゅうに。

雑誌「G-men」休刊に伴い、現在Kindleへの移行作業中です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。