FC2ブログ

巽 大悟さん





2016年6月11日。
今日は故・巽大悟さんの葬儀の日です。


訃報を聞いて10日。
そろそろきちんと受け入れなければいけないのですが、
正直なところまだ呆然としています。


パートナーさんや交流の深かったご友人たちが多くを語らない中、
断片的な伝聞を書くことは控えます。

ただ、おそらくご本人さえ予期しなかった突然の死で、
苦痛を感じる間もなかったという話が、事実であることを願うばかりです。


最後に一緒に飲んだのは2年以上前でした。
20数年前にはじめて会った時と変わらない、ゴツい体にシャイな笑顔。
(体は少し、いえかなり大きくなっていましたが)
裏表のない実直な性格。他人への気遣いができる繊細さ。
彼の作品に登場する男たちがそのまま彼自身の姿でした。

もう会えない。
その事実を、今日からは受け入れなければ…。

まだやりきれない気持ちで一杯です。



巽大悟さんのご冥福をお祈り申し上げます。
そしてパートナー様、近しいご友人の皆様に心よりお悔やみを申し上げます。





たっちー、ありがとう。






DSC_0297.jpg
巽さんの作品集『ただ今工事中!』
この本の出版を、彼はとてもとても喜んでいました。


DSC_0296.jpg
「キヒラさんごめーん、サインの宛名を本名で書いちゃった」と、
頭をかきながら渡してくれた顔が浮かんできます。




  
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

いまさらながら、、
このタイミングで失礼します
沖縄でもよくきひらさんの名前が出ていました 城平さん
そばやだったかな、きひらさんにきいた、という店にいったこともあります
いつも欲がない、というか、ごだわりがない彼が珍しくここに行きたい、といったので驚きました(笑)

ここにコメントできることがあるとすれば、残念ながら全くの 不慮の体調変化、心臓発作、です
そうならないためのなにかはあったかもしれませんが、いまそれをいっても仕方がないですよね
体に無理がかかるようなことは慎むよう、それを身代わりに教えてくれた、と思うのがいいのかもしれません
半年たち、連絡がいきとどかなかったかたや、私の知らない巽大悟さんの仲間にも改めて話をしたい気持ちに、やっとなってきました。
亡くなったころはいろいろあって、私も自失、記憶がありません。すでにこんなやり取りをした後だったら重ねてすみません。


書いてくださったブログ記事、うれしかったです。
  • 2016-11-13│23:22 |
  • 一平 URL│
  • [edit]
Re: いまさらながら、、
一平さま

コメントをいただき、ありがとうございます。
もっとも近い存在だった一平さまの書き込みを読んで、胸につかえていた思いが少し小さくなった気がします。
つい2日前にも、共通の友人と巽さんの話をしたところでした。


>体に無理がかかるようなことは慎むよう、それを身代わりに教えてくれた

本当にそうですね。
無理や無茶は控えるよう、私も心がけるようになりました。
今日生きていることは決して「当たり前」ではないのだと、彼を思い出すたびに感じます。

大切な存在を失った悲しみや喪失感は、簡単に消えるものではないと思います。
それらの気持ちを抱えながらなお、前に進むことが人生なのかもしれません。

一平さまも健康に留意されてお過ごし下さい。
いつか巽さんの話をしながら酒でも酌み交わすことができればと願っております。

重ねまして、書き込みありがとうございました。


きひら
  • 2016-11-17│18:00 |
  • きひら URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


プロフィール

きひら

Author:きひら
城平 海(きひら・かい)です。

ゲイ向けエロティック小説を書いています。
時たま「ゲイがいる日常」をテーマにした非エロ小説も。

告知や日常のあれこれをこちらに書きつけていこうと思います。

過去の作品は Kindle にて順次公開しています。
よろしくお願いします。
 

最新記事

最新トラックバック